火災保険は必要なのか

損害保険は、加入していれば地震や洪水といった災害に見舞われた時に給付金が出るというものです。ここでは火災の補償について説明したいと思います。アパートを借りる際には加入することが多いですね。しかし火事など滅多に起こることではありませんので、保険料を払うのがもったいないという人もいるかと思います。ここで考えたいことは、それでももし自分の身に降りかかったらどうなってしまうのかということです。まさか自分の身には起こらないだろうから何も対策を施しておかない、ではいつか後悔することになってしまうかもしれないのです。

火災のダメージは甚大だ

もし家が火事になってしまったらどうなるのか。まず住まいや財産に被害を受けます。最悪の場合は住まいを失ってしまうかもしれません。住宅ローンの返済中であれば、二重ローンに苦しむことになる可能性もあります。結果的な損害が数千万円という額にのぼることも考えられます。家庭それぞれの貯蓄では到底対応することはできません。ここで火災保険に加入していれば、家財が戻るばかりでなく住宅を再建することも可能です。火災保険によって、被災後の新たな生活をスムーズに始めることができるようになるのです。自分の身にも起こりうることととらえるのが大切です。

新着情報

2017-03-03 自動車保険ならこちらが追加されました。
2016-10-19 無料保険相談をFPでが更新されました。
2016-10-14 自転車保険加入の理由が追加されました。
2012-12-05 火災保険の対象は広いが追加されました。
2012-12-05 保険で災害に備えるが追加されました。

損害保険に関する情報